Reve ライフBlog

美容師目線で感じた事や日々の出来事 家族のことやお店のことなど店主である SHINGOが執筆しています。

ボスと最後のお別れをしてきました。

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

f:id:hairboxreve:20200924214254j:image

(スカーフを巻き上機嫌だったボス)

 

 

ボスがいなくなり4日がたちました。

hairboxreve.hatenablog.com

 

 

亡くなって2日間は気持ちも落ち着かず

 

バタバタとしておりましたが

 

ボスが亡くなって2日後の9月23日に

 

埋葬を終え、少し落ち着いた時間を過ごしております。

 

 

ペットは人間より寿命が短く

 

自分たちよりかなり早く歳をとり

 

先に逝ってしまう事は頭では充分に理解もして

 

覚悟はしていたつもりですが、やはり実際に別れが来ると辛く悲しみも深いです。

 

 

 

前回の突然の報告に沢山のコメントや

 

メッセージを頂きボスは本当にみなさんから

 

愛されてたんだなぁと実感しております。

 

 

 

instagram、LINE、FacebookなどのSNSのほか

メールや直接訪問いただいて一言下さった方までいてほんとに嬉しかったです。

 

 

 

あの日、ブログを読んで下さったみなさんが

 

一緒にボスの死を悲しんでくれて

 

一緒に泣いてくれたおかげで

 

私達夫婦もなんとか前を向き日々を過ごしてます。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 夫婦共にあれから、仕事中は気が張ってるし

 

大丈夫なんですが、ふと一人になった時や

 

普段ボスがいた場所を見ては

 

涙が止まりませんでしたが、泣くだけ泣いて

 

今はだいぶすっきりしています。

 

寂しいのは変わりませんが...

 

 

 

 

 

別れというのは本当に突然で

 

僕自身も、悲しみとショックが大きく

 

しばらくの間は現実が受け止めきれず

 

頭も混乱気味でしたが

 

気持ちを整理する為にも、あの記事を書き

 

少しずつ落ち着きを取り戻してきています。

 

 

 

 

 

そして、なによりボスをきちんと

 

送ってあげないといけないという気持ちがあり

 

埋葬が終わるまでは「しっかりしなきゃ」という気持ちが強かったです。

 

 

 

本当はあの日、ブログは誕生日ということもあり別に記事を書いていたんです。

 

こちらがその記事(よかったら読んでやってください)

今日、無事に愛犬のボスが17歳になりました。

 

近年は誕生日を迎えるたびに

 

「これが最後の誕生日かも知れない」

 

そう思い、毎年誕生日を迎えております。

 

そんな思いも今年はもっと強くなってしまいました…

 

 

 

ついこの間までヨタヨタとしながらも

 

僕たちのそばを歩き回っていたのに

 

先日、急に倒れてからというもの

 

後ろ足に力が入らない状態で、ほぼ歩けなくなってしまいました…

f:id:hairboxreve:20200924093340j:image


f:id:hairboxreve:20200924093337j:image

 

ほんとに一瞬の出来事で一気に弱ってしまった感があります。

 

あれからずっとネットで犬の事、老犬のことを検索ばかりしています。

 

 

あれからボスちゃんは、というと

 

後ろ足がいうことをきかないものだから

 

必死に前足と体を使って

 

起き上がろうとするけど、前足だって弱ってきてるから

 

よろめき倒れ込み顔を打ちつけてしまいます…

 

 

こんなに急に弱ってビックリするくらいです。

 

 

老犬になると少しの変化でも、色々なことが

頭をよぎり心配はつきません…

 

 

今まで当たり前にできていたことが難しくなってきたり。

 

 

でも、だんだんと赤ちゃんのように戻っていく姿は今まで以上に愛おしくもあります。

 

 

そして今まで以上にボスと一緒にいられる時間を大切にしていこうと思います。

 

 

ボスちゃん17歳おめでとうー!!

 

残念ながら誕生日が命日となってしまいました。

 

誕生日と命日が同じになる事を"生没同日"

                                              (せいぼつどうじつ)

というそうです。

 

なにか意味合いがありそうです…

 

 

 

さて、ボスの埋葬ですが最近はペットも

 

火葬場に連れて行き火葬をするのが

 

一般的になってきているそうですが

 

”ボス”は土葬にする事にしました。

 

 

自分たちの手できちんと最後まで

 

見てやりたい気持ちが強く自然に返してやろうということになりました。

 

 

 

残念ながら我が家に庭がないので

 

場所は嫁さんの実家の庭にしました。

 

 

そこは、ボスが小さな頃に良く泊まりに行き

 

実家の犬と相性が良く、おじいちゃん義父

 

おばあちゃん義母にとてもよくしてもらって

 

一番安心できるのではないかと考えました。

 

 

 

 

23日、当日は朝4:30に起きボスの棺を車に乗せて

 

5:30に家を出ました。

 

f:id:hairboxreve:20200924104101j:image

 

この日は朝から快晴で、ボスを見送ってあげるには最高の天気でした。

 

 

 

 

 

 

 AM6:30

 

現場に到着し棺を運びだしボスの大好きだった

 

フードとお菓子を一緒に埋葬しました。

f:id:hairboxreve:20200924104148j:image

 

 

穴を掘り、ボスと最後のお別れの時が。

 

 

ボスの頭を撫で、抱き上げると

 

硬直していた身体が少し柔らかくなり

 

「お父さん、バイバイ...」

 

そう、言っているように見えました。

 

 

 

 

ボスとフードを一緒に掘った穴に入れ土をかけていきます。

 

土をかけていく僕が辛そうだったのか

 

お義父さんが「ワシがやる。」といって代わってくれました。

 

おそらく気を使ってくれたんだと思います。

 

 

 

少しずつボスの姿が見えなくなってきて

 

「あぁ…本当に最後のお別れなんだな…」と。

 

ボス…ありがとう。

楽しい17年だったよ。

 

f:id:hairboxreve:20200924104951j:image

 

さよならボス…。

 

 

この日は本当にいい天気で雲もほとんどなく

 

こんな日にボスを送り出してやれたのは最高に幸せでした。

 

 

この場所は歴代のワンちゃんたちが埋葬されている場所で

 

ボスもきっと寂しくないよね。

 

 

 

その後、朝ご飯をいただき、少しボスの話や

 

歴代のワンコたちの話をみんなでしました。

 

 

 

 記憶の中にずっと残ってる歴代ワンコの話を聞くと

 

肉体はなくなってもみんな心の中に永遠に生き続けてる

 

そう思うと、少し温かい気持ちになれました。

 

 

 

 

 

 

そして、後のことをお義父さん、お義母さんに任せ

 

僕たちは仕事があるので帰路につきました。

 

 

 

 

 

17年前、親兄弟と引き離され

 

わけもわからないまま車に乗せられ

 

我が家にやってきたボス。

 

 

小さな小さなキミは、我が家にやってきた初日

 

不安で不安でずっと泣いてたよね。

 

 

 

 

お店の裏で泣き続ける

 

そんな小さなキミを見て

 

これから我が家の家族として、なにがなんでも

 

守っていかなくちゃと思ったよ…

 

 

夜もしばらく、お店で一緒に添い寝したよね…

 

 

小さな体でミルクを飲むキミを見ながら

 

この世に生まれたことのすばらしさや

 

楽しさをいっぱい体験させてあげなきゃ。

 

 

あの時、そう思ったよ…

 

 

 

だんだん大きくなり、いつの間にか我が家で一番の長老になったよね。

 

 

 

たくましくなり、我が家の精神的な支えにもなってくれたボス。

 

 

年を取ってからは更に可愛くて可愛くて

 

もう、たまらなかった。

 

 

でもね

 

 

もう、ボスの姿はお父さんには見えないんだ…

 

それがまだ慣れなくて…

 

でも、そこにいて、いつものように見守ってくれてる

 

それはなんとなくわかるよ…

 

 

 

でも、もうボスの姿は見えないんだ…

 

 

 

17年、沢山の笑顔と優しさを与えてくれてありがとう。

 

 

辛くて悲しいのは最後だけ。

 

 

その他は本当に良い事ばかりしか浮かんでこないよ。

 

 お父さんもお母さんも一緒にいられなくなっちゃったけど

 

あっちの世界でも、持ち前の懐っこさで

 

上手くやるんだよ。

 

 

 

 

また、どこかで必ず会おうね。 

 

それまで、バイバイ。

 

 

 

 


 

改めて”ボス”に頂いた追悼コメントにお礼を申し上げます。

 

私たちと共に、一緒に泣いて下さったり

ボスを偲んで下さった皆さん本当にありがとうございました。

 

 

 

コメントやメール、直接訪問を下さったみなさんに

今の時点で感謝申し上げます。

 

 Kenta_Kenjiさん、htm_s8さん

 

ritan0716さん、yuki_0114さん

 

osonosaaaaanさん、hagunagiさん

 

daisuke2375さん、kaori.aikawaさん

 

robitama147さん、yoshiko1961octさん

 

sk_h13さん、ym_kaneyamaさん

 

inaさん、oosakoさん

 

kanaさん、tokinokasekiさん

 

obwさん、卯月さん

 

うさぎさん、kotosuさん

 

nagamiさん、yasui@さん

 

 jasmineさん、kawausooさん

 

Naluさん、helohelo7さん

 

nash555さん、kakaji-jsさん

 

gn_0818さん、Marimotanさん

 

Jyuriさん、Maeda_hiroさん

 

Yamadaさん、Itani_Muttyanさん

 

Okaさん、muraさん

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

また、Instagram、Facebook、はてなブログへ

 

リアクションくださった皆さんも、私たちと同じように

 

”ボス”を偲んでくださり本当にありがとうございます。

 

感謝しております。